Upper aは素数なのでt,zを整数とするとk=atま

Upper aは素数なのでt,zを整数とするとk=atま。全体の流れはとても分かりやすく、概ね正しい解答がよく書けています。問題:a,cを素数、bを自然数とし、a^2+c^2 ac=b^2???①が成り立つのはa=b=cに限ることを示せ 自分の解答があっているか、教えていただけませんか 自分の解答: ①より、(a c)^2<b^2<(a+c)^2が成り立つ そしてa>cとしても一般性を失わない よってa c<b<a+cとなり、b=a c+k(0<k<2c)とおいて、①に代入して解くと、k^2+(2a 2c)k ac=0???②となる ②にmod aを適用すると、k(k 2c)≡0(mod a)となる aは素数なのでt,zを整数とすると、k=atまたはaz+2cとなる 0<k<2cかつa>cなので、t,zが存在するならばt=1、z= 1となる すると、a=b=cもしくは①は偽となる 試しにa=b=cを代入すると①は真となる よって証明終了aは素数なのでt,zを整数とするとk=atまたはaz。いずれかを含む。は素数なので,を整数とすると=または となる

Upper。この稿では, , が偶数となるような方程式 ? の解 , , の上界を与える+
= + はただ一つの自然数解 , , = ,, を持つ
素数 と整数 = が成り立つ ?≡ に注意す る
は奇数なので = ? ? ? ? すると ≤ ?
が成り立つ さらに, ? は平方数でない, または ? は を
割らない素因数を持つ, ま各 ≥ と自然数 ≥ に対して, 方程式

全体の流れはとても分かりやすく、概ね正しい解答がよく書けています。ただ、直さないといけないところが2点あります。 そしてacとしても一般性を失わない。ここはa≧cです。以下これを使って評価しますが、問題はないはずです すると、a=b=cもしくは①は偽となる。試しにa=b=cを代入すると①は真となる。ここは記述が不十分です。なぜa=b=cまたは①が偽となるのか、論述してください。ここが記述できれば、「試しに~」以降は不要になるはずです。また、直した方が分かりやすくなる点が1点あります。 ②にmod aを適用すると、kk-2c≡0mod aとなる。ここは合同式を使うよりも素直に因数分解kk-2c=ac-2kするだけで十分進められますし、上の「a=b=cまたは①が偽」の論述にも使えるはずです。

  • ?PayPay paypayペイペイって名前中華風だけど
  • パティアーラ パティアーラ?○○○○の部分の頭文字bだっ
  • みんなの学習法 特リーディングのほうアドバイスお願います
  • 利用可能エリア 交通機関で使用できるのか
  • フレーズ?例文 まだチケットか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です